ウーマン

請求業務を簡略化できる国保連中央介護伝送ソフト|人気の老人ホーム

事務作業の負担軽減

PCを触る人

介護システムを導入すれば、忙しい介護の現場でも負担を軽減できます。請求業務やシフト管理、計画書作成などの事務作業を簡単に行なえるようになるのです。誰でもすぐに事務作業が終えられるので、入居者への対応に集中できるようになります。

もっと読む

24時間対応する

老人と介護士

兵庫の有料老人ホームは24時間体制で入居者のお世話を行なってくれます。高齢者のお世話は大きな負担が掛かるものであるため、生活が成り立たなくなる場合は老人ホームへ預けることも必要です。医療行為ができる施設もあるので、もしもの場合にも迅速に治療を行なってくれます。

もっと読む

請求書作成が簡単にできる

笑顔の女性

多くの介護職員が負担に感じていることといえば、国保連請求に関する事務処理が挙げられます。老人ホームで過ごす利用者の多くは、国民健康保険を利用して金銭的な負担を軽減させています。健康保険によって免除した分の金額は、この国保連へと請求することで得られます。しかし、この国保連請求は厳しい審査が行なわれるので、簡単に請求額を得ることはできないのです。書類に一部記載ミスなどの不備が見つかっただけで、請求書を返却される場合もあるので、国保連請求を行なう際はしっかりと書類作成を行なわなければなりません。ですが、施設内の入居者は一人一人要介護度も違うため、施設の利用料は個々によって異なるものです。国保連請求の際には、この入居者の一人一人の介護費用を計算しなければならないので、ミスなく計算して記載するのは大きな負担となるでしょう。そこでおすすめできるのが、国保連請求を簡単に行なえるソフトです。国保連中央介護伝送ソフトを導入することで、国保連請求もミスなく迅速に行なうことができます。

国保連中央介護伝送ソフトは、利用することで介護に関するデータの一元管理と事務処理を簡単に行なうことができます。特に国保連請求では、提出する書類のフォーマットがあらかじめ作られているので、誰でも負担なく書類作成ができるでしょう。国保連中央介護伝送ソフトは、請求書作成をパソコン上で行なえるほか、作成したデータをネットで国保連へと送信することができます。わざわざ郵便局まで行かずとも、施設内にいながら請求が行なえるので、非常に便利なのです。ソフトはネットからダウンロードして利用することもできるので、導入費用も安い価格で済ませることができるでしょう。

快適に過ごせる

車椅子

十三にある老人ホームでは、多くの高齢者が快適に過ごせる施設を用意しています。一人一人のプライバシーが守れる個室に住み、日当たりのよいテラスやプールなどで楽しく過ごすことができます。季節にあわせたイベントや趣味を楽しめる教室に参加するなど、老後も楽しく過ごせるでしょう。

もっと読む