夫婦

請求業務を簡略化できる国保連中央介護伝送ソフト|人気の老人ホーム

事務作業の負担軽減

PCを触る人

介護の現場は非常に多忙であり、どの介護施設でも入居者の対応に追われています。介護施設は、入居者が居住できるスペースさえあればよいというわけではありません。しっかりと入居者への対応が行なえるスタッフがいなければ、安全に介護施設で預かることはできないのです。高齢者は体が弱く、転んだだけで骨折などの大怪我を負う可能性もあります。介護の現場では、高齢者の安全のため常に側にいなければなりませんが、どの施設でも人手が足りず対応が難しいものとなります。また、介護スタッフは入居者への対応だけでなく、介護サービスに関するさまざまな事務処理も行なうものです。国保連請求を初め、レクリエーションに関する予定の作成や介護職員のシフト調整、さらには入居者へ使用する消耗品や設備の発注業務や費用の記入など、さまざまな業務に追われているのです。少しでも介護職員の負担を軽減するには、業務をサポートする介護システムを導入する必要があります。パソコン上でさまざまな請求業務や介護業務を効率的に行なえるようになるので、利用者への対応に集中できるようになります。

介護システムを導入すれば、入居者のデータ管理や職員のシフト管理、請求処理などの業務を一元的に行なえるようになります。介護システムでは、入居者一人一人のデータを表示しながら、介護を行なうために必要な消耗品や保険料などの費用を参照することができるものです。要介護度に合わせて費用の計算を行なえるので、請求業務もスムーズに行なえるでしょう。また、介護現場でのスケジュールとシフト管理のデータを一括で見られるので、レクリエーションなどの介護の計画書も簡単に作成できるでしょう。介護システム導入を行なえば、事務作業の迅速化が行なえるほか、各種データの見える化によって計算間違いなどの人的ミスも防げるようになります。速度と作業の質をアップさせられるので、業務負担が少なくなるのです。